このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

「春日部市消防団出初め式」が開催されました(平成30年1月10日)小倉特派員

更新日:2018年1月12日


火元に向けて放水銃や鳶口(とびぐち)を構える、気迫溢れる団員

平成30年1月8日、春日部市民文化会館駐車場を会場として、平成30年春日部市消防団出初め式が開催されました。これは消防団員の士気高揚と火災予防の啓発を目的として開催する新春の恒例行事で、市内消防14分団(春日部8、庄和6)の団員約150人の精鋭が参加して行われました。

消防団員の「部隊訓練」では、指揮者の鋭い号令の下での鮮やかなフォーメーション転換や団旗を掲げた堂々たる分列行進が披露されました。また、「ポンプ車操法」では、ポンプ車に積まれたいくつもの丸く巻かれたホースを素早く伸ばして接続し、火元を一撃する(動作のみ)日頃の激しい訓練の成果が披露されました。
続いて行われた「救出救助訓練」では、市民文化会館の上空に飛来した埼玉県防災航空隊・防災ヘリコプターから、屋上に降下した隊員が負傷者を救出・救助する、緊迫した訓練が行われました。
最後の「一斉放水」では、市長の合図で、色とりどりの放水のアーチが大落古利根川の上に描き出されました。

消防団出初め式は、江戸時代、明暦(めいれき)の大火の翌々年(万治(まんじ)2年=1659年)2月、上野東照宮で定火消4組によって行われた出初めが始まりと伝えられています。以来約360年、今や全国の自治体において、仕事始めの重要な儀式の一つとして、また、華やかな新春のイベントとしても欠かせないものとなりました。

太陽がついに顔を見せないままの寒い一日でしたが、団員の日頃の訓練の成果とそれを支える士気の高さを目の当たりにした市民や家族などたくさんの観覧者にとっては、心温まる一日となったようです。

お問い合わせ

シティセールス広報課 広報担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安心・安全
いざというときに

かすかべ特派員だより

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ