このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

春日部市公共施設マネジメント

更新日:2020年8月3日

春日部市公共施設マネジメントは、公共施設の老朽化の進行と更新時期の集中に対応するための取り組みです。今後、見込まれる人口減少と財政規模の縮小を見据え、公共施設のあり方を検討するとともに、施設の再配置や有効活用などに取り組み、公共施設を総合的かつ計画的に管理します。

現状と課題

1.老朽化が進む公共施設

本市には、合計で286のハコモノ施設があり、延床面積は約50万平方メートルになります。これは、東京ドーム10個分に相当する広さです。このうち、小学校・中学校が約半分を占めています。さらに、インフラ施設は、道路が約1,000キロメートル、橋が約4キロメートル、上水道管が約850キロメートル、下水道管が約600キロメートルにもなります。これらの公共施設の多くは、急激に人口が増加した昭和40年代~昭和50年代に建設されており、これから一斉に建て替え・更新の時期を迎えます。

2.人口減少・少子高齢化の進行

本市の人口は、昭和40年代以降急速に増加してきましたが、2000年(平成12年)の240,924人をピークに減少に転じています。2015年(平成27年)時点では236,969人となっていますが、現状のまま推移した場合の将来人口は、2040年には190,257人まで減少すると予測されています。また、年齢構成では年少人口や生産年齢人口の割合が低下する一方で、高齢者人口の割合が上昇しています。今後もその傾向が一層顕著となり、2020年には高齢者人口比率は30パーセントを超える予測となっています。そのため、このような人口構成の大きな転換と市民ニーズの変化に対応した、適正な公共施設の総量規模や配置を検討していく必要があります。

3.厳しい財政状況への対応

今後、人口の減少に伴い、市税収入など一般財源の減少が予測される一方で、少子・高齢化に伴う扶助費などの義務的経費の増加が見込まれます。そのため、投資的経費など、公共施設の維持管理の財源確保がこれまでどおりできなくなることが懸念されます。こうした厳しい財政状況の中で、公共施設の管理・運営に掛かる費用を抑制しつつ、将来に渡り必要な機能の維持を図っていくことが大きな課題となります。

春日部市公共施設マネジメント基本計画

春日部市公共施設マネジメント基本計画

公共施設に関わる課題に対応するため、平成27年度から平成28年度にかけて「春日部市公共施設マネジメント基本計画」を策定しました。 この計画は、平成26年度に策定した「春日部市公共施設等総合管理計画」を取り込み具体化したもので、長期的な視点に立った公共施設の適正な維持管理や、より良い施設再編に向けた検討の指針となるものです。

春日部市公共施設マネジメント基本計画策定などに関する取り組み

これまでの計画策定の経過などは以下のリンク先をご覧ください。

本市の主な取り組み

学校再編に伴う跡地の有効活用に向けた検討

庄和北部地域、および武里南部地域における学校再編に伴い、跡地となる宝珠花小学校、富多小学校、谷原中学校の有効活用に向けた検討を進めています。

庄和北部地域(宝珠花小学校、富多小学校)における跡地の有効活用

学校施設跡地活用説明会

平成30年6月30日、7月28日に説明会を開催しました。当日の配布資料、およびアンケートの集計結果は以下のとおりです。

富多小学校跡地活用に関わるサウンディング型市場調査

富多小学校の跡地活用に向けて、民間事業者との対話を通じて跡地の活用アイデアなどを確認する「サウンディング型市場調査」を実施しました。

サウンディング型市場調査の結果については、以下のとおりです。

庄和北部地域学校施設跡地活用方針

これまで、庄和北部地域の皆さんから意見などを聞きながら、庁内横断的な検討組織において学校施設跡地の有効活用に向けた検討を進めてきました。これらを踏まえ、宝珠花小学校、および富多小学校の跡地活用の方向性を「庄和北部地域学校施設跡地活用方針」としてまとめました。
今後は、この方針に基づき、それぞれの学校施設跡地の有効活用に向けて、具体的な検討を進めていきます。

庄和北部地域学校施設跡地活用方針策定に伴う地域説明会

学校施設跡地活用方針の策定を地域の皆さんに伝えるため、平成31年3月17日に地域向けの説明会を開催しました。

旧富多小学校跡地活用に係る事業提案の募集

平成31年3月末で閉校した旧富多小学校跡地を有効活用し、地域の活性化にも繋がる、周辺環境や地域資源を活かした「農業や観光的要素を含む」事業提案を募集します。

武里南部地域(谷原中学校)における跡地の有効活用

学校施設跡地活用説明会

平成30年9月29日に、説明会を開催しました。当日の配布資料、およびアンケートの集計結果は以下のとおりです。

平成30年11月11日に、教育委員会と合同で地域説明会を開催しました。当日の配布資料は、以下のとおりです。

谷原中学校の跡地活用の方向性

地域からの声、要望などを踏まえながら検討を進めてきた結果、谷原中学校の跡地活用は、「具申書の内容や、総合体育館をはじめとするスポーツ施設に隣接しているといった地域性を考慮し、既存施設の有効活用を図りつつ、周辺スポーツ施設との一体的な利用とする」と定めました。
今後はこの方向性に基づき、検討を進めていきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

公共施設事業調整課 公共施設マネジメント担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7676 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム

本文ここまで


春日部市役所

〒344-8577 埼玉県春日部市中央六丁目2番地 電話:048-736-1111(代表)
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分 閉庁:土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
春日部市 法人番号4000020112143
Copyright © Kasukabe City. All rights reserved.
フッターここまでページの先頭へ