MultiLingual

グローバルメニュー

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

更新日:2021年7月19日

令和3年7月19日 埼玉県における「まん延防止等重点措置」の適用を受けての市長メッセージ



埼玉県内における新型コロナウイルス感染症の新規感染者数の増加により、「まん延防止等重点措置」の対象区域が拡大となり、7月20日から春日部市も初めて重点措置の適用となります。

市民の皆さまには、これまでも感染の再拡大を防ぐためのさまざまな対応をお願いしてきたところですが、残念ながら本市の新規感染者数は、若い世代を中心に増加し、ここ最近では1週間で30人を超えており、予断を許さない状況が続いております。

今回、重点措置の適用となり、市民の皆さま、事業者の皆さまへ度重なるご協力をお願いすること、また、大変なご負担をおかけすることを、私も非常に心苦しく感じております。この重点措置については、8月22日までとしておりますが、今後の直近1週間ごとの新規感染者数が30人を下回れば、早期の解除も検討されることとなっております。

これから夏休み期間に入り、人の往来も増える時期となりますので、市民の皆さまには、引き続き3密を避けるなどの感染防止対策を強化していただき、重点措置の早期解除に向けてのご協力を切にお願い申し上げます。

また、新型コロナウイルス感染症対策の切り札とされるワクチン接種につきましては、市の最優先事項として、これまでに市医師会や薬剤師会をはじめとする、関係者の皆さまとの強固な連携により、接種会場を拡大しながら一丸となって取り組んでおります。65歳以上の方の接種済者は約80パーセントとなり、現在は対象のすべての方への接種券送付が完了し、基礎疾患を有する方から予約を受け付けております。報道でもご存知の通り、国からのワクチン供給量が減少する見込みになっておりますので、今後も安定した供給を国に強く要望しながら、多くの市民の皆さまが早期に接種が完了できるよう、全力で取り組んでまいります。

皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。
今後におきましても、市民の皆さまの健康と生活を守るため、全力で取り組んでまいりますので、皆さまにおかれましても、ご自身だけでなく、ご家族や愛する人を守るために、さらには、地域医療を守るために、引き続きご協力をお願いいたします。

令和3年7月19日
春日部市長 石川 良三


令和3年3月22日 緊急事態宣言解除についての市長メッセージ

令和3年1月7日から続く緊急事態宣言が令和3年3月21日をもって解除されました。2カ月半もの間、市民の皆さまには不要不急の外出自粛要請の他、公共施設の使用を制限させていただくなど、大変なご不便をお掛けいたしました。また、事業者の皆さまには時短営業などの多大なるご協力をいただきました。これまでの、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための取り組みに、改めて深く感謝を申し上げます。

皆さまのご協力により、新規の感染者数は落ち着きつつありますが、まだまだ予断を許さない状況が続いております。緊急事態宣言が解除されたことで人々の意識が変わり、感染防止対策がおろそかになり、感染再拡大、いわゆるリバウンドの誘発が懸念されるところです。

これからお花見などの時期を迎えますが、宣言解除後も気を緩めることなく、引き続き、マスクの着用や手洗いうがいなど、一人一人が実施できる基本的な感染予防を徹底していただきますよう、皆さまのご理解、ご協力をお願いします。

現在、国内におきましても、新型コロナウイルスワクチンの先行接種が開始されており、このワクチン接種には感染拡大に歯止めをかける、大きな期待が寄せられています。本市におきましても、令和3年3月15日から市立医療センターにおいて医療従事者への先行接種が始まっており、現在、皆さまへの円滑なワクチン接種の実施に向けて、春日部市医師会をはじめとする関係機関の皆さまと一丸となって準備を進めているところです。

今後におきましても、市民の皆さまの健康と生活を守るため、全力で取り組んでまいりますので、皆さまにおかれましても、ご自身だけでなく、ご家族や愛する人を守るために、さらには、地域医療を守るために、引き続きご協力をお願いいたします。

令和3年3月22日
春日部市長 石川 良三

令和3年2月2日 緊急事態宣言延長発出を受けての市長メッセージ

緊急事態宣言発出後、市民の皆さまには、外出の自粛や営業時間の短縮など、多大なるご理解とご協力をいただき、心より感謝申し上げます。皆さまのご協力によりまして、本市の新規陽性者数は減少傾向にありますが、病床使用率などの医療機関の負担については、依然として厳しい状況が続いております。
こうした中、国においては、埼玉県を含む10都府県で緊急事態宣言の期間を3月7日まで延長することを発表しました。これを受け、市では、2月4日に19回目の新型コロナウイルス対策本部会議を行い、公共施設の休館延長や広報活動の強化を決定いたしました。また、国の示すワクチン接種スケジュールに対応するため、春日部市医師会をはじめとする関係機関の皆さまとの強固な連携により、さまざまな協議を重ねながら準備を進めております。
市民の皆さまには、緊急事態宣言の延長に伴い、改めて行動自粛などのご協力をお願いすることになりますが、私たち一人一人が、気を緩めることなく感染症対策を徹底することで、必ず感染拡大を抑えることができます。
引き続き、緊急事態宣言の早期解除に向けて、不要不急の外出自粛・基本的な感染防止対策の徹底など、今一度、皆さまのご理解、ご協力をお願いいたします。

令和3年2月5日
春日部市長 石川 良三

令和3年1月8日 緊急事態宣言発出を受けての市長メッセージ



本日、新型コロナウイルス感染症の爆発的な拡大を受け、首相より1都3県を対象に再び緊急事態宣言が発出され、埼玉県知事から不要不急の外出などの行動自粛強化の要請がありました。
本市におきましては、これまでも感染拡大防止に向けた取り組みを市民の皆さまにお願いしながら、医療体制の充実をはじめとした対応強化、経済支援などを積極的に行ってまいりました。
しかしながら、すでに報道などでご承知の通り、現在、首都圏をはじめ、全国的に感染者が急増しており、これまで以上の感染拡大の波が押し寄せ、収まる兆しもありません。このまま感染拡大が続けば、確実に医療崩壊が起こります。そのような最悪の状態を回避するためには、今が極めて重要な局面にあり、一人一人がこの深刻な状態を理解し、一丸となった対応をしなければなりません。
市民の皆さまにおかれましては、多くの皆さまの尊い命を守り、この難局を乗り越えるため、何卒、これまで以上の行動自粛と徹底した感染予防にご協力をお願いします。

令和3年1月8日
春日部市長 石川 良三

令和2年12月23日 市長・教育長・春日部市医師会長共同メッセージ
この危機 一丸となって新型コロナ感染症拡大防止を



新型コロナウイルス感染症は、現在、急激に拡大しており、全国各地でこれまでにない多数の感染者が確認されております。
市内においても、令和2年11月以降に増加傾向となり、さらに12月は激増し、22日現在での感染者が73人となっており、極めて憂慮すべき状況となっております。
このまま感染拡大に歯止めがかからなければ医療崩壊の恐れもあり、市民生活に深刻な影響を及ぼすこととなります。
そのため、感染患者を受け入れている市立医療センターにおいて、病棟の一部をコロナ専用病棟に改修し、受け入れ態勢を強化しております。
また、春日部市医師会と市との連携のもと、小児救急夜間診療所での発熱外来について、年末での実施期日の延長を行うこととしております。
なお、発熱など疑われる症状がある場合の医療機関の受診については、電話で相談に応じる「埼玉県受診・相談センター」が開設されております。まずはこちらにご連絡ください。
この他、年中無休・24時間対応の電話相談窓口「県民サポートセンター」も開設されておりますので、こちらもご利用ください。
これから年末年始にかけては、外出の機会が増え、感染リスクの高まりが懸念されます。学校も冬休みに入ります。今がまさに正念場です。我慢です。
医療環境の確保、市民の健康は、一人一人の確実な感染予防行動にかかっています。皆さまには感染予防の徹底と慎重な行動を、あらためて強くお願いいたします。
この年末年始は、静かに過ごしましょう。
そして皆さんと一緒に、この危機を乗り越えます。

令和2年12月23日
春日部市長 石川 良三
春日部市教育長 鎌田 亨
春日部市医師会長 中村 靖史

令和2年8月6日 市職員の新型コロナウイルス感染についての市長メッセージ

市民の皆さまや事業者の皆さまに新型コロナウイルスの感染防止にご協力をいただいている最中に、残念ではございますが、本市職員からの感染が判明しました。今後、職員一人一人が、「うつらない」「うつさない」ための意識ある行動を再度徹底してまいります。
新型コロナウイルス感染症は、誰もが感染するリスクがあります。感染した職員やその周囲の方々へのご配慮をお願いいたします。

令和2年8月6日 石川 良三

令和2年7月9日 新型コロナウイルス感染症拡大防止についての市長メッセージ



市民の皆さまにはこれまで、不要不急の外出自粛をはじめ、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組みにご協力をいただき、あらためて感謝申し上げます。緊急事態宣言の解除後、県内では、6月19日に都道府県をまたいだ移動自粛が解除され、少しずつではありますが、日常生活を取り戻しつつあり、市においても地域経済を活性化させる取り組みを進めているところです。
しかしながら、今月に入り、都内を中心に再び感染拡大があり、今日、220名と報告がありました。県内においても複数のクラスターが発生いたしました。市内においても、今月に入り、新たに5人の感染が報告されており、非常に憂慮(ゆうりょ)すべき状況となっております。
このまま感染拡大が続けば、再度の行動自粛などの対応も必要となり、徐々に回復し始めた社会経済活動はさらに深刻な状況に陥ります。これまでの努力を無駄にせず、大切な命を守るためにも、市民の皆様におかれましては、引き続き「三つの密」を避け、感染リスクの高い場所への移動を控えるなどの感染拡大防止にご協力をお願いいたします。
なお、これから暑い日が続きます。野外などで身体的距離が保てる場合にはマスクを外すなど、熱中症にならないよう臨機応変に対応し、くれぐれも体調管理にご留意ください。
今後におきましても私が先頭に立ち、市民の皆さまの健康と安心安全な生活を守り、この難局を乗り越えるよう全力を挙げて取り組んでまいりますので、引き続き、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年7月9日 石川 良三

 

令和2年5月26日 緊急事態宣言解除についての市長メッセージ



昨日、緊急事態宣言が、ようやく解除されました。
市民の皆さまにはこれまで、自粛による影響が日に日に大きくなる中、感染拡大防止に向けた取り組みをお願いしてまいりました。ご理解、ご協力をいただき、心から感謝申し上げます。
また、医療や介護などの現場で感染リスクと隣り合わせの緊張状態の中、最前線で懸命に従事された皆さまに改めて感謝申し上げます。
市では、緊急事態宣言の解除を受け、感染予防の徹底を前提に、公共施設を順次再開させるとともに、学校においても、来月から再開してまいります。
また、先日のメッセージでもお伝えしました、国の特別定額給付金や「水道の基本料金4カ月間の無料化」などの市独自の大規模な経済支援策についても、速やかに実行してまいります。
これまでの皆さまのご協力により、緊急事態宣言は解除されましたが、かけがえのない命を脅かすウイルスが消滅したわけではありません。油断は禁物です。今後も持続的な感染拡大防止と社会経済活動の両立のため、新しい生活様式の定着を図りながら、第2波、3波への備えをしっかりと行っていくことが重要であると認識しております。
今後はさまざまな活動が徐々に再開されますが、再度の感染拡大を防ぐために、引き続き、手洗いや咳(せき)エチケットなどの予防策の徹底をお願いいたします。
市としましても、市民の皆さまの健康で安心安全な生活を守るため、今後もさまざまな対策を実行してまいりますので、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年5月26日 石川 良三

令和2年5月20日 経済支援対策などについての市長メッセージ

新型コロナウイルス感染症の発生が国内で報告されて以来、市民の皆さまには不要不急の外出自粛をはじめ、学校の臨時休校や公共施設の休館、市主催イベント等の中止など、感染拡大防止に向けた取り組みをお願いしてまいりました。また、多くの皆さまからマスク等の寄贈などをいただいております。改めて、皆さまのご理解とご協力に心から感謝申し上げます。
市といたしましても、この難局を乗り越えるため、感染患者の発生状況や予防対策などの情報を発信しながら、かけがえのない命を守ることを第一に、春日部市立医療センターへの人工呼吸器の増設や春日部市小児救急夜間診療所への「発熱外来」の設置、影響を受けている市内各事業者への融資相談窓口の延長などを実施してまいりました。また、国において決定した特別定額給付金については、新たに専門チームを設置し、市民の皆さまに一日でも早く給付できるよう全力を尽くしています。
さらに、この度の感染症拡大により大きな影響を受け、不安を抱えている皆さまの生活を支えるため、「水道の基本料金4カ月間の無料化」や「事業者向けの応援給付金」、「経済的に厳しい家庭の子どもたちの健やかな成長を支えるための支援金」支給などの市独自の経済支援策をまとめた大規模な補正予算を、5月22日開催予定の市議会臨時会に提案してまいります。
このウイルスとの闘いは、治療薬などの開発も進められておりますが、専門家によると長期戦を覚悟しなければならないとされており、今後は持続的な感染拡大防止策と社会経済活動の両立が重要となります。
これから新たな局面を迎えることとなりますが、市民の皆さまの健康で安心安全な生活を守るため、私自らが先頭に立って、さまざまな対策を実行してまいりますので、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年5月20日 石川 良三

令和2年5月15日 特別定額給付金の進捗(しんちょく)状況などについての市長メッセージ

春日部市では、昨日の5月14日までで10日連続、新型コロナウイルス感染者ゼロを記録しています。市民の皆さまの落ち着いた協力のおかげです。これからも、感染拡大防止のために、ご理解とご協力をお願いいたします。

さて、特別定額給付金については、オンライン申請を5月1日から開始し、他に先駆け、5月13日には、第1回目の振り込みを行い、次回の振り込みは、5月20日を予定しています。昨日までに、3,400件を超える申請をいただいており、そのうち、5月末までに、約2,500件の振り込みができる予定です。
市では、職員18人のプロジェクトチームを特別に組織し、できるだけ早期に皆さまのお手元に給付金が届くよう作業を進めています。
恐れ入りますが、いま少しお待ちください。

また、市役所本庁舎1階の子育て世代包括支援センター「ぽっぽセンター」などで、妊婦の皆さまの健康と安全のためマスクを配布しています。母子健康手帳を取りに見えた妊婦の方などにお渡ししています。
これまでに市では、市内の企業や団体の皆さまから、約6万8千枚のマスクを寄付していただきました。医療機関や介護事業所などに活用いただいておりますが、マスクが必要な妊婦の皆さまにもお渡しできるよう準備を進め、5月14日から配布を始めたものです。
併せて、市役所と庄和総合支所の1階では、来庁された市民の皆さまで必要な方に1枚ずつとなりますがマスクを配布しております。感染拡大を防止するため、外出時は、必ずマスクを着用しましょう。
更に市民の皆さまの意見を踏まえた支援を大きく打ち出します。

今回、埼玉県は、緊急事態宣言が解除にはなりませんでした。
残念ではございますが、これまでと同様に、外出の自粛、人との距離を取る、手洗い・うがいを忘れない、など、感染を拡大させない行動に、いま少し取り組んでいきましょう。
引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年5月15日 石川 良三

令和2年5月11日 新型コロナウイルスに対する緊急経済対策についての市長メッセージ

春日部市では、感染者ゼロの日が5月5日以降継続しており、徐々に感染拡大の抑止が図られつつあります。これは、市民の皆さまの冷静な行動のおかげであると考えております。ご協力に心より感謝申し上げます。
現在、本市では、新型コロナウイルスへのさまざまな対策に努めております。 そのうち、一人当たり10万円を給付する特別定額給付金については、オンラインによる申請受付を5月1日から開始しており、給付金は5月13日から順次、振り込みを行ってまいります。郵送申請分については、申請書を5月27日に発送いたします。ご返送いただきましたら速やかに振り込み手続きを進め、6月5日から順次振り込みを行い、県内同規模自治体内で1番を目指します。
また、市内経済の早期活性化や市民活動の再開に向けて、市独自の施策を検討しております。ポイントは三つあり、一つ目は市内経済の回復や市民活動の再開、二つ目は経済的に厳しい家庭の子どもたちの健やかな成長、三つ目は感染拡大を防ぐための医療の充実の他、さまざまな抑止対策としております。これらを中心に第1弾として大きく補正予算を組み、速やかに実施してまいります。
これからも、市民の皆さまの健康で安全安心な生活を守るために努めてまいりますので、5月末までの20日間、一緒にこの困難を乗り越えていきましょう。
引き続き、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年5月11日 石川 良三

令和2年5月5日 緊急事態宣言の延長に伴う市長メッセージ

5月4日、国内における新型コロナウイルス感染症のまん延状況を鑑(かんが)み、政府より「緊急事態宣言」の5月31日までの延長が正式に発表されました。市民および事業者の皆さまにはこれまで、感染拡大防止に向けた徹底した自粛などの取り組みをお願いし、大変なご不便やご心配をお掛けしております。改めて、皆さまのご理解とご協力に心から感謝申し上げます。
現在、市内をはじめ、県内の感染者数は鈍化傾向にありますが、予断を許さない状況は続いております。
そのため、市といたしましても、小・中学校の臨時休校と同様に、公共施設の休館などについても延長しなければならないと考えております。市民の皆さまには、引き続きご不便をお掛けしますが、改めてご理解をお願い申し上げます。
市では、これまでも春日部市立医療センターに人工呼吸器を10台増設し、感染患者の受け入れ体制の充実を図ってまいりました。5月1日からは、感染症患者への早期対応、市内医療機関の診療体制維持を目的に春日部市小児救急夜間診療所に「発熱外来」を開設し、PCR検査の実施体制も整備いたしました。また、影響を受けている市内各事業者への金融支援、相談窓口の延長を実施しております。さらに、国において決定した特別定額給付金については、新たに専門チームを設置し、5月1日からオンライン申請を開始するとともに、子育て世帯への臨時特別給付金につきましても、市民の皆さまにいち早くお届けできるよう努めております。今後も国や県と連携しながら、経済支援などの必要な対策を迅速に講じてまいります。
この難局を乗り越えるためには、市民の皆さまのご理解とご協力が不可欠です。市民の皆さまにおかれましては、自粛によるストレスや疲れが相当にたまっていると存じますが、これまでの努力を無駄にしないためにも、引き続き、不要な外出を控え、「うつらない、うつさない」ための適切な行動を切にお願いいたします。

令和2年5月5日 石川 良三

令和2年4月28日 新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

新型コロナウイルス感染症の発生が国内で報告されて以来、市民の皆さまには不要不急の外出自粛をはじめ、学校の臨時休校や公共施設の休館、市主催イベントなどの中止など、感染拡大防止に向けた取り組みをお願いしており、大変なご不便をお掛けしております。改めて、皆さまのご理解とご協力に心から感謝申し上げます。
さて、市内の感染患者は4月27日現在、27人で、県内自治体の中でも多い状況です。国内では、感染ルートが不明なケースが増えており、更なる患者急増が懸念されております。そのため、市立医療センターをはじめ、市内医療機関の関係者の皆さまにおかれましては、院内感染、ひいては医療崩壊を招かぬよう、細心の注意を払いながら、懸命な努力を続けていただいております。
市といたしましても、この難局を乗り越えるため、市立医療センターに人工呼吸器を増設するとともに、発熱患者に対する診療体制の充実などについて、医師会の皆さまのご協力をいただきながら、市民の皆さまの命を守ることを最優先に、これ以上のまん延を阻止するため全力を尽くしております。
これから、大型連休に入ります。政府から緊急事態が宣言されて以来、多くの皆さまがさまざまな不安や不満を感じながらも、不要不急の外出を控えていただいております。この目に見えないウイルスとの闘いに打ち勝つためには、一人一人がこの現状を今一度再認識し、この大型連休中においても、一丸となって感染予防に取り組むことが極めて重要です。今こそ、日本の底力を発揮する時です。
市民の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染症のまん延を阻止するため、不要な外出は絶対に控え、「うつらない、うつさない」ための適切な行動を切にお願いいたします。

令和2年4月28日 石川 良三


令和2年4月7日 緊急事態宣言発令に伴う市長メッセージ

本日(4月7日)、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、首相より緊急事態宣言が発令され、埼玉県知事から不要不急の外出などの行動自粛強化の要請がありました。
本市におきましては、これまで学校の休校や卒業式などの規模縮小、地域イベントなどの中止など、感染拡大防止に向けた取り組みを市民の皆さまにお願いしてまいりました。皆さまのご協力に心より感謝申し上げます。
しかしながら、すでに報道などでご承知の通り、現在、東京都内をはじめ、国内では感染ルートが不明な感染者が急増しております。このままでは医療崩壊につながり、今以上に深刻な状態に陥ります。そのような最悪の状態を回避するためには、今が極めて重要な局面にあり、皆さま一人一人の冷静な対応と協力が何よりも必要です。
市民の皆さまにおかれましては、多くの皆さまの尊い命を守り、この難局を乗り越えるため、これまで以上の行動自粛と徹底した感染予防にご協力をお願いします。

令和2年4月7日 石川 良三

令和2年3月26日 埼玉県知事からの外出自粛要請に関する市長メッセージ

本日(3月26日)、埼玉県の大野(おおの)知事より、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、県民の皆さまに向けて、今週末の不要不急の外出自粛要請がありました。
現在、東京都をはじめ、埼玉県内においても爆発的な患者急増が懸念されており、本市においても感染者が発生しております。このような状況下においては、広域的な取り組みが重要であり、一人一人の冷静な対応と協力が何よりも必要と考えております。
市民の皆さまにおかれましては、感染拡大防止のため、今週末の不要不急の外出を避けていただき、引き続き、「感染予防」と「冷静な行動」をお願いします。

令和2年3月26日 石川 良三

令和2年3月19日 新型コロナウイルスに関連した患者の発生に関する市長メッセージ

この度、市内で新型コロナウイルス感染事例が確認されました。
市民の皆さまにおかれましては、大きな不安を感じていることと思いますが、国や県、市が発信する正しい情報に基づいて、落ち着いた行動を心掛けていただくようお願いいたします。
市におきましては保健所とも連携しながら、情報の収集に努めるとともに、感染拡大の防止に向けた対策を講じ、引き続き、市民生活への影響が最小化するよう取り組んでまいります。
皆さまには、これまで同様、咳(せき)エチケットや小まめな手洗いなど、一人一人が感染予防に努めていただくよう重ねてお願いいたします。

令和2年3月19日 石川 良三

令和2年3月19日 春の大型イベント開催中止についての市長コメント

春日部市では、藤まつりや大凧あげ祭りなど、毎年、多くの皆さまでにぎわう春の大型イベントを実施しておりますが、現在の国内における新型コロナウイルスの感染拡大の状況やイベント開催による感染の不安が拭い去れないことを鑑み、今年の春の大型イベントは、やむなく中止することに決定しました。
春日部市の元気の象徴でもある春の大型イベントを中止せざるを得なくなったことは、市長として誠に残念ではありますが、市民の皆さまの健康、命を守ることは何事にも代えがたく、イベントの準備が本格化する前に苦渋の決断をしたところでございます。
今後におきましても、国や県などの情報に注視しながら、引き続き、感染予防、感染拡大防止対策に全力で取り組んでまいります。

令和2年3月19日 石川 良三

令和2年2月25日 新型コロナウイルス対策本部設置に関する市長コメント

感染が拡大している状況に鑑み、市としての対策を総合的に推進するため、「新型コロナウイルス対策本部」を設置いたしました。
今後も感染拡大の情報を注視しながら、市民生活および健康への影響が最小化するよう取り組んでまいりますので、市民の皆さまにおかれましても、引き続き、感染予防、感染拡大防止につながる行動をお願いいたします。

令和2年2月25日 石川 良三

お問い合わせ

健康課 予防担当

所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地

電話:048-736-1111

内線:7515

ファックス:048-736-1115

お問い合わせフォーム