2020年6月号5面

更新日:2021年12月01日

ページID : 3117

委員を募集します

表:委員を募集します
名称 水道事業運営審議会 下水道事業審議会
概要 水道事業の運営、施設の整備、その他水道事業に関する事項を調査、審議します。 下水道事業の今後のあり方や下水道使用料などを審議します。
募集人数 1人 1人以内
活動期間 2年 2年(7月以降で、委嘱した日から)
会議 年3回程度 審議事項に応じて開催(令和2年度は3回予定)
報酬 会議1回につき5,200円 会議1回につき5,200円
応募資格 水道事業に関心がある応募時に18歳以上の市内在住・在勤・在学者または市内で活動する団体に所属する人で、次の項目に該当する人
(国または地方公共団体の議員および市の他の審議会などの公募による委員となっている人を除く)
下水道事業に関心ある応募時に18歳以上の市内在住・在勤・在学者または市内で活動する団体に所属する人で、次の項目に該当する人
(国または地方公共団体の議員および市の他の審議会などの公募による委員となっている人を除く)
応募方法 応募用紙に応募の動機、課題作文、その他必要事項を記入し、直接、郵送、ファックス、またはメールで下記の各応募先へ。なお、応募書類は返却しません。 応募用紙に応募の動機、課題作文、その他必要事項を記入し、直接、郵送、ファックス、またはメールで下記の各応募先へ。なお、応募書類は返却しません。
課題作文 「春日部市の水道事業について」をテーマに800字以内 「今後の下水道事業のあり方について」をテーマに1,200字以内
応募期間 令和2年6月1日~30日(火曜日)(必着) 令和2年6月1日~30日(火曜日)(必着)
応募・問い合わせ先 〒344-0116 春日部市大衾455番地1 水道部業務課
(内線:4302、ファックス:048-746-7763、メール:水道部業務課へメールを送信
〒344-0192(所在地不要)庄和総合支所2階 下水道課
(内線:7102、ファックス:048-746-4797、メール:下水道課へメールを送信
応募用紙
配布場所
水道部業務課、市役所前アイピー春日部ビル1階春日部営業所、市政情報室(市役所別館1階・庄和総合支所2階)、教育センター1階 学習情報サロン、市民活動センター「ぽぽら春日部」、男女共同参画推進センター「ハーモニー春日部」、勤労者会館「ライム」、各公民館(それぞれの閉庁・休館日を除く)、市WEB 庄和総合支所2階 下水道課、市政情報室(市役所別館1階・庄和総合支所2階)、教育センター1階 学習情報サロン、市民活動センター「ぽぽら春日部」、男女共同参画推進センター「ハーモニー春日部」、勤労者会館「ライム」、各公民館(それぞれの閉庁・休館日を除く)、市WEB
選考 書類選考により決定し、選考結果は応募者本人に文書で通知します。 書類選考により決定し、選考結果は応募者本人に文書で通知します。

農業委員と農地利用最適化推進委員を募集します

問い合わせ/農業委員会(内線:7775)

表:農業委員と農地利用最適化推進委員を募集します
委員名 農業委員 農地利用最適化推進委員
業務内容 農地法や他の法令に基づく農地の権利に係る許可などに関する審議、担い手への農地の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進のため活動など 担当する地区で、担い手への農地の集積・集約化、遊休農地の発生防止・解消、新規参入の促進のため活動の他、農業委員会への出席、現地調査など
募集人数 19人 18人(担当地区を決めて応募してください)
任期 令和2年12月1日(火曜日)~令和5年11月30日(木曜日)の3年間 農業委員会が委嘱する日~令和5年11月30日(木曜日)の3年間
報酬 ひと月当たり45,000円(役職委員は増額されます) ひと月当たり45,000円
応募資格 市内に住所を有する人で、農業に識見を有し、農地などの利用の最適化の推進に関する事項、その他の農業委員会の所掌に属する事項に関しその職務を適切に行うことができる人 市内に住所を有する人で、農地などの利用の最適化の推進に熱意と識見を有する人
応募方法 農業者または農業関係団体などからの推薦を受けて申し込む方法と本人が応募する方法があります。
春日部市農業委員会委員推薦書または春日部市農業委員会委員応募申込書に必要事項を記入し、直接または郵送で、〒344-8577(所在地不要)春日部市役所第三別館1階 農業委員会事務局へ
農業者または農業関係団体などからの推薦を受けて申し込む方法と本人が応募する方法があります。
春日部市農地利用最適化推進委員推薦書または春日部市農地利用最適化推進委員応募申込書に必要事項を記入し、直接または郵送で、〒344-8577(所在地不要)春日部市役所第三別館1階 農業委員会事務局へ
募集期間 令和2年6月22日(月曜日)~7月22日(水曜日)(必着) 令和2年6月29日(月曜日)~7月31日(金曜日)(必着)
募集要項
配布場所
市役所第三別館1階 農業委員会、市役所別館1階 市政情報室、庄和総合支所2階 市政情報室(それぞれの閉庁・休館日を除く)、市WEB 市役所第三別館1階 農業委員会、市役所別館1階 市政情報室、庄和総合支所2階 市政情報室(それぞれの閉庁・休館日を除く)、市WEB
選考
および
決定方法
書類の記載内容や農業経営の状況などを評価して選考を行い、市議会の同意を得て市長が任命します。 書類の記載内容や農業経営の状況などを評価して選考を行い、農業委員会総会で決定します。

消防本部からのお知らせ

問い合わせ/予防課(内線:4529)

ガソリンを携行缶で購入する人へ

令和元年7月に発生した京都府京都市伏見区の爆発火災を受け、ガソリンの適正な使用の徹底のため、ガソリン購入時には、本人確認および使用目的の確認が消防法で義務付けられました(令和2年2月1日施行)。

住宅用火災警報器の設置および維持管理

消防法により、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務化されています。万が一火災が発生しても、住宅用火災警報器が設置されていれば、いち早く火災の発生を知らせることで被害を最小限にとどめ、命が助かるかもしれません。
適切に設置し、火災の早期発見や逃げ遅れによる犠牲を防ぎましょう。
また、常に住宅用火災警報器が正常に使えるよう維持管理が必要です。住宅用火災警報器は、一般的に電池で動いています。火災を感知するため常に作動しており、その電池の寿命の目安は約10年です。定期的な作動確認を実施しましょう。
定期的な作動確認の方法は、「本体の点検ボタンを押す」か、「点検ひもを引っ張る」です。作動確認をしても住宅用火災警報器に反応がなければ、本体の故障か電池切れです(注意)。住宅用火災警報器の本体または電池を交換しましょう。
(注意)故障か電池切れか分からないときは、取扱説明書を確認するか、メーカーに問い合わせてください

この記事に関するお問い合わせ先

シティセールス広報課 広報広聴担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2177 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム