新型コロナウイルスワクチン接種上の基本事項(4回目接種)

更新日:2022年08月05日

ページID : 16084

最新情報

4回目接種の対象者が拡大されました。

拡大により、18歳から59歳の医療従事者等及び高齢者施設等の従事者が対象となります。

春日部市に住民登録がある18歳から59歳の医療従事者等及び高齢者施設等の従事者の人は、接種券の発行申請が必要になります。申請は、春日部市電子申請・届け出サービスから

(注意)春日部市外に住民登録がある人は、お住まいの住民登録地で、接種券のお手続きをお願いします。

春日部市に住民登録を有する人で、3回目接種完了から5カ月以上経過した人のうち、次に該当する人

  1. 60歳以上の人(申請不要)
  2. 18歳以上59歳以下で基礎疾患を有する人やその他重症化リスクが高いと医師が認める人(申請必要医師による診断書などの提出は不要です
  3. 18歳以上59歳以下で医療従事者等及び高齢者施設等の従事者申請必要

(注意)現在の国の方針では、公費で接種を受けられる期間は、年齢、接種回数によらず、令和4年9月30日(金曜日)までです。3回目と4回目の接種間隔は5カ月のため、3回目接種日が令和4年5月1日以降の人は、4回目接種が9月30日を過ぎてしまうことから、接種券を送付できないことがあります。

接種券の発行

60歳以上の人

接種券発行の申請は不要です

3回目接種日に応じ、下表のとおり順次接種券を発送します

表:対象者別接種券発送時期
対象者(下記の期間に3回目接種をした人) 接種券発送時期 想定対象者数
令和3年12月1日~令和4年1月13日 令和4年5月27日(郵送済) 約460人
令和4年1月14日~23日 令和4年6月2日(郵送済) 約810人
令和4年1月24日~2月1日 令和4年6月10日(郵送済) 約2,000人
令和4年2月2日~15日 令和4年6月21日(郵送済) 約12,900人
令和4年2月16日~26日

令和4年6月29日(郵送済)

約15,870人
令和4年2月27日~3月8日 令和4年7月11日(郵送済) 約15,600人
令和4年3月9日~15日 令和4年7月19日(郵送済) 約8,210人
令和4年3月16日~22日 令和4年7月25日(郵送済) 約5,700人

令和4年3月23日~4月3日

令和4年8月3日(郵送済) 約6,300人
令和4年4月4日~15日 令和4年8月15日(月曜日)予定 約2,710人
令和4年4月16日~30日 令和4年8月22日(月曜日)予定 約2,400人

以降、週1回を目安に対象者に発送予定

18歳~59歳で基礎疾患を有する人・医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

4回目接種を希望する人は、接種券発行の申請が必要です

申請完了後、3回目接種から4カ月を経過する時期に接種券を発送します

申請完了時点で4カ月を経過している人は、申請から1週間程度で接種券を発送します

電子申請

  1. 基礎疾患を有する人:春日部市電子申請・届け出サービス
  2. 医療従事者等及び高齢者施設等の従事者:春日部市電子申請・届け出サービス

郵送申請

郵送申請を希望の人は、申請書に必要事項を記入の上、必要書類を添えて、健康課新型コロナウイルスワクチン接種担当まで郵送してください。申請書を入手できない場合などは、春日部市コールセンター(電話:0120-002-276)に申請書の郵送を希望する旨を伝えてください。

送付先

郵便番号344-8577(所在地不要)
春日部市役所 健康課 新型コロナウイルスワクチン接種担当宛て

窓口申請

窓口申請を希望の人は、春日部市役所別館5階 健康課 新型コロナウイルスワクチン接種担当までお越しください。必要書類をお持ちの上、申請書に必要事項を記入し、担当に提出してください。

郵送申請、窓口申請での必要書類

ページの先頭へ

接種費用

無料で接種できます。

ワクチン接種のために金銭や個人情報を市から電話などで求めることはありません
新型コロナワクチン詐欺防止などの情報は、新型コロナウイルスに関連した消費者としての注意情報をご覧ください。

ワクチンの種類

使用するワクチンは、mRNAワクチン(武田/モデルナ社、ファイザー社)

1~3回目に接種したワクチンの種類に関わらず、ファイザー社または武田/モデルナ社のワクチンを使用します。
ワクチンの種類は、時期によって希望する種類のワクチンが国から供給されない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ワクチン接種の流れを分かりやすく説明した動画(外部サイト)を作成しましたので、ご覧ください。

効果や安全性

接種当日の持ち物

  1. 接種券・予防接種済証(臨時)(宛名の書かれた、新型コロナウイルスワクチン接種のご案内)
  2. 予診票(事前に太線の部分を記入してきてください)(複写式で2枚重ねになっています。はがさずにお持ちください)
  3. 本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証など)

(注意)市から送付されたものを、封筒ごと持参してください

接種を受けられない人

次に該当する人は、当日ワクチンの接種を受けることができません。

  • 事前に予約をしていない人
  • ワクチン接種券を忘れた人
  • 当日の体温が、37.5度以上ある人
  • やくしゃみ、頭痛、味覚・嗅覚異常など体調が優れない人
  • 医師の問診および診察の結果、当日の予防接種を見合わせると判断された人
  • 濃厚接触者(待機期間が解除されていない人)
  • 家族や学校・職場内など、濃厚接触者と接触がある人(濃厚接触者のPCR検査結果が陰性で、かつ、結果が出た日以降接触がない場合を除く)
  • 新型コロナウイルスに感染し、完治後、3週間が経過していない人
  • 新型コロナウイルスに感染し、抗体カクテル療法の治療を受けてから、90日が経過していない人

接種時の注意事項

  • 肩付近に接種しますので、肩を出しやすい服装でお越しください
  • 予約時間の15分前に来場してください
  • 感染リスク回避の観点、経過観察中に万が一体調不良になった際のことを考え、原則、小さな子どもの同伴は避け、接種者のみ来場してください
  • 集団接種会場では、写真撮影、動画撮影は行わないでください

副反応が起きた場合

接種後は、副反応などを確認するため、15分~30分は会場で座って様子をみますので、時間にゆとりをもってお越しください。

なお、ワクチン接種の副反応による健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金などの給付)を受けることができます。
救済制度の内容については、下記リンク先を参照してください。

接種を受けることは強制ではありません。接種を受ける人の同意がある場合に限り接種を行います。
予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、接種を受けてください。職場や周囲の人に接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようにお願いします。

入院中や転出の予定がある人

基礎疾患(持病)を有する人は、事前にかかりつけ医での診察の際に相談の上、ワクチン接種の適否を判断してください。
国が示している基礎疾患については、次のいずれかに当てはまる人です。

1.以下の病気や状態の人で、通院または入院している人

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のために入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2.基準(BMI30以上)を満たす肥満の人

BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)

例:身長170センチメートル・体重90キログラムの場合

90キログラム(体重)÷1.7メートル(身長)÷1.7メートル(身長)=31.1(BMI)

医療従事者等及び高齢者施設等の従事者

接種対象者の拡大により、令和4年7月22日から18歳から59歳の医療従事者等及び高齢者施設等の従事者が接種対象となりました。

具体的には、重症化リスクが高い多くの方々に対してサービスを提供する医療機関や高齢者施設・障害者施設等の従事者が対象となります。国が想定している詳細な範囲は、以下のとおりです。

1.医療従事者等の範囲

重症化リスクが高い多くの人に対してサービスを提供する従事者が対象

  1. 病院、診療所において、新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む。以下同じ。)に頻繁に接する機会のある医師その他の職員。診療科や職種は限定しない(歯科も含まれる)
  2. 薬局において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する機会のある薬剤師その他の職員(登録販売者を含む)
  3. 新型コロナウイルス感染症患者を搬送する救急隊員等、海上保安庁職員、自衛隊職員
  4. 自治体等の新型コロナウイルス感染症対策業務において、新型コロナウイルス感染症患者に頻繁に接する業務を行う人(感染症対策業務・予防接種業務)

2.高齢者施設等の範囲

以下の施設等で従事する人が想定され、入所施設だけではなく、通所や訪問の事業者の従事者も対象になります。

  1. 介護保険施設
  2. 居住系介護サービス
  3. 老人福祉法による施設
  4. 生活保護法による保護施設
  5. 障害者総合支援法による障害者支援施設等
  6. 高齢者住まい法による住宅
  7. その他の社会福祉法等による施設

ページの先頭へ

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 新型コロナウイルスワクチン接種担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:3673

お問い合わせフォーム