20代以下の新型コロナウイルス感染症が増加しています

更新日:2022年04月15日

ページID : 15409

春日部市の新型コロナウイルス感染症の新規陽性者に占める若年層の割合は、令和4年1月から急上昇しており、20代以下の感染率が全体の45パーセントと高い割合になっています。また、家庭内感染などで若い世代から他の世代に感染することも多くなっています。

若い世代は、他の世代に比べて軽症の割合が多いといわれていますが、小さい子どもなど免疫が弱い世代が感染すると、のどの奥など気道の入り口で炎症が起きて呼吸しづらくなるなどの症状が出たり、肺炎などで症状が悪化することがあります。

新型コロナウイルス感染症を疑うような症状が出た場合は、早めにかかりつけ医を受診しましょう。

感染予防対策を今一度確認・実践しましょう

マスク着用・手洗い・消毒などの基本的な感染予防対策を実践することや、適切な時期にワクチンを接種することで、同居家族や大切な人、高齢者などの感染を防ぐことができます。一人一人が感染予防に努め、感染の拡大を防ぎましょう。

 

関連資料

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 予防担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:7515 ファックス:048-736-1115

お問い合わせフォーム