家庭内での感染予防のポイントや自宅療養中の注意事項

更新日:2022年09月12日

ページID : 4448

家庭内での感染予防のポイント

  • 個室にしましょう。食事や寝るときも別室にしてください
    • 小さな子どもがいる、部屋数が少ないなど、部屋を分けられない場合は、感染者から少なくとも2メートル以上の距離を保つことや仕切りやカーテンなど設置することを勧めます
    • 同じ部屋で寝るときは、頭が向き合うように枕の位置をそろえて並んで寝るのではなく、互い違いにするだけでも、感染者の顔からの距離がとれるようになります
  • 本人は極力部屋から出ないようにしましょう。人との接触を減らすことが大切です
    • トイレ、バスルームなどの共有スペースの利用は最小限にし、換気を十分に行いましょう

心臓、肺、腎臓に持病のある人、糖尿病の人、免疫の低下した人、妊婦などが感染者の世話をするのは可能な限り避けてください

  • 感染者の身の回りの世話が必要な場合、世話する家族に、感染する可能性があるため、可能な限り一人に決めておいた方が良いです
  • 使用したマスクは他の部屋に持ち出さないでください
    • 使用したマスクは、他の部屋に持ち出さずに部屋の入口に置くか、すぐ捨てるようにしましょう
  • マスクの表面には触れないようにしてください
    • マスクを外す際には、ゴムやひもをつまんで外し、マスクの表面には触れずに破棄します
  • マスクを外した後は必ずせっけんで手を洗ってください
    • マスクが汚れた場合は、すぐに新しい清潔な乾燥マスクと交換してください
    • マスクがないときやマスクが使用できない人は、ティッシュなどで咳(せき)やくしゃみをするときに口と鼻を覆います

小まめにせっけんで手を洗い、アルコール消毒をしてください。ウイルスの付いた手で目や鼻、口などを触らないでください

  • ウイルスの付いた手で目や鼻、口などを触ると粘膜・結膜を通して感染することがあります。家族は小まめにせっけんを用いた手洗いもしくはアルコール消毒をしましょう

定期的に換気してください。共有スペースや他の部屋も換気をしましょう

  • エアコンなどの空調や換気扇を回したり、日中の温かい時間に窓を開けるのも良いでしょう
  • 共有部分(ドアの取っ手、ノブ、ベッド柵など)は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭きしましょう。
    • 物に付着したウイルスはしばらく生存します
    • 家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、使用量の目安に従って薄めて使ってください(目安となる濃度は0.05パーセントです(製品の濃度が6パーセントの場合、水3リットルに液を25ミリリットルです))
  • トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤で小まめに消毒してください
    • タオル、衣類、食器、箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄で構いません
    • 感染者の使用したものを分けて洗う必要はありません
  • 洗浄前のものを共有しないようにしてください
    • 特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチンなどでは共有しないように注意しましょう

体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください

  • 新型コロナウイルス感染症は下痢がみられることがあり、ふん便からウイルスが検出されることがあります

鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外出すときは密閉して捨ててください

  • 鼻をかんだティッシュなどにもウイルスがついています。同居者が触ると感染する可能性があります
  • 捨てた後は、直ちにせっけんで手を洗いましょう

同居者が外出する際の注意事項

家族や同居者は、既に感染している可能性ります。 熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの症状があるときには、職場などに行かないでください

 

自宅療養などに備え、食料等の備蓄をしておきましょう

新型コロナウイルスに感染し自宅療養となった場合、療養期間中は外出することができません。
療養生活で困らないよう、体調が悪くても食べられる食料や飲料水、無くなると困る日用品、消毒液などは、今のうちにそろえておきましょう。

自宅療養期間について

陽性者のうち、有症状(発熱、咳や喉の痛み等の症状)があった方

発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快(解熱剤を使用せずに解熱し、呼吸器症状が改善傾向)後24時間経過した場合には、8日目に解除が可能となります。

(注意)人工呼吸器などによる治療を行った場合を除く

具体的な例
  • 発症日が9月8日の場合…療養最終日9月15日(9月16日から療養解除可能)
  • 発症日が9月26日の場合…療養最終日10月3日(10月4日から療養解除可能)

陽性者のうち、無症状者

検体採取日から 7日間を経過した場合には、8日目に解除が可能となります。

なお、無症状の方で5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除が可能となります。

具体的な例
  • 検体採取日が9月8日の場合…療養最終日9月15日(9月16日から療養解除可能)
  • 検体採取日が9月26日の場合…療養最終日10月3日(10月4日から療養解除可能)

濃厚接触者

陽性者の感染可能期間内に陽性者と接触した日を0日として翌日から5日間を経過した場合には、6日目に解除が可能となります。

なお、陽性者と最終接触のあった日を0日目として翌日から2日目及び3日目に検査を行い、陰性であれば3日目から待機を解除することができます。

具体的な例
  • 最終接触日が9月8日の場合…待機最終日9月13日(9月14日から療養解除可能)
  • 最終接触日が9月26日の場合…待機最終日10月1日(10月2日から療養解除可能)


(注意)有症状の場合10日間経過、無症状の場合7日間経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします

(注意)入院している方、高齢者施設に入所している方は発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合に解除が可能です

 

備蓄品の例

食料品の場合(大人1人当たり10日分)

表:食料品の備蓄の例
品 目 数 量
お米(パックご飯) 2.5キログラム(24パック)
乾麺(うどん・そば・そうめん・パスタ等) 2袋   
カップ麺類    7個   
レトルト食品(カレー・牛丼の素・パスタソース等) 17個   
缶詰(肉や魚などのお好みのもの) 12缶
日持ちする野菜(たまねぎ・じゃがいも等) 適量
インスタントみそ汁・即席スープ等    10食分   
お菓子(チョコレート・ビスケット等) 適量
飲料水(水・スポーツドリンク等) 30リットル

日用品・衛生用品の場合

表:日用品の備蓄の例
品 目
マスク
消毒液   
体温計   
ティッシュペーパー  
トイレットペーパー   
ゴミ袋
常備薬
生理用品
乳幼児用・介護用おむつ
粉ミルク
せっけん
洗剤
水まくら
ゴム手袋

備蓄方法は「ローリングストック法」がおすすめです

長期保存可能な食品や缶詰などを備蓄しておき、賞味期限が来る前に消費して、消費前に新たに買い足すことで家庭に一定以上の備蓄食料などを常に保管しておく方法です。
詳しくは、以下からご確認ください。

農林水産省災害時に備えた食品ストックガイド(外部リンク)

関連リンク

新型コロナウイルス感染症 自宅療養中の人へ

新型コロナウイルス感染症で自宅療養中の人は、下記の埼玉県ホームページを参照してください。

自宅療養を行う上での留意点や、健康観察の方法、療養の終了基準、症状悪化時の連絡先などを記載しています。

感染者の大幅増を想定した緊急的な患者対応方針・体制の整備について記載しています。

埼玉県との連携事業として、新型コロナウイルス感染症で自宅療養される方への配食サービスを行っています。埼玉県の配食サービスに申し込みされた方を対象としております。申し込み方法については、埼玉県ホームページを参照してください。

 

配食サービスでお届けした食品の一部について

市が配食サービスで令和4年8月24日までにお届けした食品の一部について、製造業者から商品回収のお知らせがありました。詳しくは以下のリンクから御確認ください。

なお、市では商品の交換等についての御相談を承ることができません。大変お手数ですが、製造業者にお問い合わせくださるようお願いいたします。

表:該当するグリコ商品
製造業者 該当する製品
江崎グリコ 株式会社

DONBURI 亭 3 食パック中華丼

(賞味期限が「2022 年 8 月から 2023 年 7 月まで」の商品

詳しくは下記江崎グリコ株式会社のホームページを参照してください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 予防担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:7515 ファックス:048-736-1115

お問い合わせフォーム