飛沫(ひまつ)防止用シートの取り扱いに注意しましょう

更新日:2022年01月12日

ページID : 9284

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に伴い、レジカウンター前や受付前に飛沫防止用のシートの設置が増えています。他県の商業施設で、客が購入したライターを点火したところ、飛沫防止用のシートに着火する火災が発生しました。シートの材質によっては、着火・燃焼しやすいものがあることから、下記のポイントを参考とし火災予防に注意してください。

火災発生を防ぐ4つのポイント

  • 火気使用設備および器具、白熱電球などの熱源となるものから距離をとって設置してください
  • スプリンクラーヘッドや自動火災報知設備の感知器の付近に設置すると、火災が発生した際に散水障害となる場合や火災を感知しない場合があります。必要に応じて設備から距離や間隔を開けるようにしてください
  • 避難の支障とならないように設置してください
  • 必要に応じて難燃性または、不燃性のものの使用を検討してください

この記事に関するお問い合わせ先

予防課 予防査察指導担当
所在地:〒344-0035 春日部市谷原新田2097番地1
電話:048-738-3117 内線:4532 ファックス:048-738-3200

お問い合わせフォーム