東武鉄道 株式会社から輸送改善計画が示されました

更新日:2021年11月11日

ページID : 8868

東武鉄道 株式会社から連続立体交差事業と併せて、鉄道の輸送改善を目的にホームの増設などを実施したい旨の提案があり、平成28年11月末にその考え方などが示されました。

春日部駅付近連続立体交差事業とあわせた東武鉄道 株式会社による輸送改善計画

春日部駅のこれまでの3面6線の計画案から4面8線の計画案の断面図

春日部駅断面図…この断面図は、あくまで市が作成したイメージです(平成28年11月提案)

輸送改善計画の効果と期待されること

輸送改善計画の効果

  • 東武伊勢崎線(スカイツリーライン)、東武野田線(アーバンパークライン)のスムーズな直通運転や増発
  • 将来、東武野田線(アーバンパークライン)全線において、速達性のある列車運行時の追い越しや乗り換えの利便性向上
  • 将来の野田方面の複線化にも対応できる形態

期待されること

  • 将来を見据えた内容が盛り込まれており、春日部駅のポテンシャルや事業効果を更に高める内容と考えます
  • 本市はもとより、ひいては県東部地域の発展に大きく寄与すると考えます
  • 県東部の中核都市としての拠点性の向上のため、本事業を事業化していく意味がより大きくなったと考えます

この記事に関するお問い合わせ先

鉄道高架整備課 鉄道高架担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:3525 ファックス:048-736-1974

お問い合わせフォーム