「リステリア」による食中毒に注意してください

更新日:2021年12月14日

ページID : 7936

「リステリア」とは

リステリア(リステリア・モノサイトゲネス)は、動物の腸管内や環境中に広く分布している細菌です。
リステリアに感染して重症化することはまれですが、妊婦、高齢者は注意が必要です。

注意が必要な食品

冷蔵庫に長期間保存され、加熱せずにそのまま食べられる食品は、食中毒の原因となり得ますので注意が必要です。主に、ナチュラルチーズなどの乳製品、生ハムなどの食肉加工品、スモークサーモンなどの魚介類加工品などです。

妊婦、高齢者は注意が必要です

妊娠している人

母体が重篤な症状になることはまれですが、胎児や新生児に影響が出ることがあります

高齢者、免疫機能が低下している人

重症化する可能性が高くなります

家庭での予防方法

  • 食品は消費期限内に食べるようにする
  • 開封後は、期限に関わらず速やかに消費する
  • 冷蔵庫を過信しない
  • 冷凍庫やチルド室を活用する
  • 加熱してから食べる
  • 生野菜や果物などは食べる前によく洗う

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

健康課 予防担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:7515 ファックス:048-736-1115

お問い合わせフォーム