旧ごみ焼却施設解体撤去及び新設ストックヤード整備工事を行っています

更新日:2024年02月06日

ページID : 22485

工事の進捗状況

令和6年1月

振動・騒音計

振動・騒音計

左の写真は、振動・騒音計です。

本工事は、振動・騒音の発生をできる限り抑制しながら進めています。

また、本工事では、道路に面する敷地内に振動・騒音計を設置し、常時モニタリングを実施しています。(左の赤字の数値は、埼玉県の基準値です)

令和5年12月

左側の写真は、集塵機です。テント内の空気に含まれる塵などを集塵機で取り除き、外部に出しています。集塵機でテント内の空気を排出し、テント内を負圧に保っています。

右側の写真は、テント内の負圧を計測する機械です。

負圧とは、空気を換気扇などで強制的に排出したとき、室内に向けて引っ張る力が生じます。この力が負圧です。例えば、トイレは臭いが室内側に出ないように、換気扇で強制的にトイレ内の空気を外に排出することで、トイレ内を負圧にします。そして、トイレ内に向けて引っ張る力が生じ、居室や廊下側の扉の隙間から空気を取り込みます。このような空気の流れによって、臭いが居室や廊下側に出ないようにしています。

集塵機

計測器

令和5年11月

左側の写真は、重機等の搬出入口をつくるため、テントで覆われた前室を設置しました。

右側の写真は、解体用の圧砕機です。コンクリートの壁などを挟んで破砕します。人の大きさと比べると、圧砕機が大きいことが分かります。

全室テント設置

前室部分のテント設置状況

圧砕機

解体用圧砕機

令和5年10月

左側の写真は、屋外露出の焼却設備をテントで覆いました。

右側の写真は、現場で使用する重機です。低騒音型、2020年燃費基準100%達成建設機械を使用します。

管理区域テント

テント設置状況

重機(バックフォー)

重機

令和5年9月

左側の写真は、屋外露出の焼却設備を覆うための足場組立状況です。

右側の写真は、足場が風であおられないようにするために、ワイヤーで水槽に固定している状況です。

足場組立状況

足場組立状況

水槽設置状況

水槽設置状況

令和5年8月

左側の写真は、解体を待つ焼却炉です。平成6年に役目を終えた現在の状況です。

右側の写真は、新しく建設するストックヤードを設計するため、地盤調査を行っている状況です。

焼却炉の現状

焼却炉の現状

ボーリング調査の状況

ボーリング調査の状況

令和5年7月

旧ごみ焼却施設の解体に向けて、仮囲いを設置しました。

解体跡地には、ペットボトルなどの資源物の保管スペースを備えたストックヤードを整備します。

令和8年3月の竣工を目指して、細心の注意を払い、施工してまいります。

工事範囲全景

工事範囲全景

仮囲いの様子

仮囲いの様子

契約内容

「旧ごみ焼却施設解体撤去及び新設ストックヤード整備工事」の建設工事請負契約並びに工事設計施工監理業務委託契約を締結しました。

表:建設工事
工事名 春日部市旧ごみ焼却施設解体撤去及び新設ストックヤード整備工事
受注者 鴻池組・中野組特定建設工事共同企業体
契約金額 2,198,900,000円(税込)
工期 令和5年3月23日から令和8年3月17日

 

表:工事設計施工監理
委託名

春日部市旧ごみ焼却施設解体撤去及び新設ストックヤード整備工事

設計施工監理業務委託

受注者 一般財団法人日本環境衛生センター
契約金額 59,620,000円(税込)
履行期間 令和5年3月28日から令和8年3月19日

 

この記事に関するお問い合わせ先

廃棄物対策課 施設管理担当
所在地:〒344-0014 春日部市豊野町三丁目6番地
電話:048-734-2111 ファックス:048-734-2455

お問い合わせフォーム