春日部市の歌 「心の空」制作過程

更新日:2021年12月01日

ページID : 6632

平成27年10月1日に、市が新・春日部市施行10周年を迎えることを記念し、春日部市の歌「心の空」を制定しました。

春日部市の歌「心の空」ができるまで

春日部市の歌「心の空」ができるまでの過程には、たくさんの人の「春日部への想い」がありました。

平成27年2月19日 あえかさんワンマンコンサートで「春日部市の歌」制作発表

平成27年2月19日、市民文化会館で、市内では初めてとなるあえかさんのワンマンコンサートが開催されました。
コンサートで、あえかさんから「春日部市の歌」制作が発表され、「今は歌のかけらを集めています。楽しみにしていただけたらと思います」とのコメントに、会場からは拍手が沸き起こりました。

平成27年2月~3月 市内小学6年生、中学3年生を対象に「春日部の思い出」を募集

市内の小学校6年生と中学校3年生を対象に「春日部の思い出」を募集しました。
学校で、公園で、家で、通学路で。楽しかったこと、驚いたこと、悲しかったこと、忘れられないこと。
大人でも「なつかしいな」と共感できる、1,609人分の春日部市で暮らす子どもたちの思い出が集まりました。
この思い出をあえかさんに渡し、市民皆さんが共感できる「春日部市の歌」を制作するためのヒントにしてもらいます。

春日部の思い出について書かれた書類の束が、机の上に積まれている写真

平成27年3月20日 あえかさんへ母校大沼中学校の生徒から「春日部の思い出」を手渡しました

平成27年3月20日、あえかさんへ、市の歌制作のために市内の小学6年生と中学3年生から募集した「春日部での思い出」を届けました。
生徒を代表して思い出の束を手渡したのは、あえかさんの母校大沼中学校ウインドオーケストラ部の3年生4人です。
参加した生徒の皆さんからは、「かすかべ音楽祭やまちかどコンサートに出演し、貴重な体験ができました」「小学校との合同避難訓練が心に残っています。この経験により、地域の人々を助けたいと思います」などの思い出も伝えられました。

「春日部での思い出」を手渡されたあえかさんは、「春日部市の人は心がピュアな方が多いな、と感じていましたが、今日改めてそう感じました。春日部市の歌では、春日部市に暮らす皆さんの「心」の部分について歌ってみたいです」と曲作りへの意欲を語っていました。

男性と女性の横に女子中学生たちが並んでいる写真と、机を囲んで座っている女子中学生たちと男性と女性の写真

平成27年5月15日~6月12日 「春日部市の歌」CDジャケット素材作品を公募しました

平成27年5月15日~6月12日、春日部市の歌CDジャケット素材作品として、春日部市の歌「心の空」の歌詞を読んで、イメージした写真・イラストなどの公募を行いました。
応募総数は80作品(応募者数53人)でした。たくさんのご応募ありがとうございました。

平成27年6月17日 CDジャケット素材作品の審査会を実施しました

平成27年6月17日、春日部市の歌CDジャケット素材作品の第一次審査会を実施しました。
審査会に参加したあえかさんは、集まった80作品の審査を終え、「すてきな作品がたくさんあり、わくわくしました」と感想を話しました。

笑顔の女性が机に並んだ作品を見ている写真と、作品が並んだ机の横で、手元の書類を見ている女性の写真

平成27年7月 CDジャケット素材作品 優秀賞10作品決定

平成27年7月、春日部市の歌CDジャケット素材作品の優秀賞10作品が決定しました。

優秀賞受賞者 (50音順)

  • 宇野 沙英(うの さえ)さん
  • 小笠原 泰三(おがさわら たいぞう)さん
  • 小室 信幸(こむろ のぶゆき)さん
  • 佐々木 茜(ささき あかね)さん
  • 鈴木 伸嗣(すずき のぶつぐ)さん
  • 高橋 夏歩(たかはし かほ)さん
  • 高橋 勇一(たかはし ゆういち)さん
  • 田中 亜由子(たなか あゆこ)さん
  • 畑中 亜依子(はたなか あいこ)さん
  • 平戸 展彦(ひらと のぶひこ)さん

たくさんのご応募ありがとうございました。

平成27年7月15日 春日部市内であえかさんがCDジャケット作成のための撮影をしました

平成27年7月15日、春日部市内某所で、春日部市の歌「心の空」のCDジャケット作成のための写真撮影が行われました。
緑の木々と梅雨の合間の青空が写る水面の前で、さまざまなカットを撮影しました。

池のほとりに立ち、ジャケット撮影をしているあえかさんの写真

平成27年7月17日 春日部市の歌「心の空」のレコーディングを行いました

平成27年7月17日、春日部市の歌「心の空」のレコーディングを行いました。
レコーディングを終えたあえかさんは「仕上がりを楽しみにしていてください」と話しました。

様々な機械が並んでいるレコーディングスタジオの写真と、ヘッドホンに手をあてて歌っているあえかさんのレコーディングの様子の写真

平成27年9月23日 あえかさんと春日部中学校合唱部が合同練習を行いました

平成27年9月23日、「新・春日部市施行10周年記念式典」(10月1日)で市の歌を発表する準備をするため、あえかさんが春日部中学校合唱部を訪れました。
あえかさんの伴奏で同声二部合唱の練習をした合唱部の皆さんからは「本番までに完璧にします」と力強いコメントがありました。
あえかさんは「実は伴奏は初めての経験で、とても緊張しました。多人数で心一つにして演奏する楽しさを、懐かしく思い出しました」と話しました。

ピアノの横に立っているあえかさんと、その周りに立っている女子生徒たちの写真と、あえかさんを囲むように合唱部の女子生徒たちが座っている集合写真

平成27年10月1日 新・春日部市施行10周年記念式典で春日部市の歌「心の空」を発表しました

平成27年10月1日、市民文化会館大ホールでの「新・春日部市施行10周年記念式典」の中で、春日部市の歌「心の空」を発表しました。あえかさんが「心の空」を発表した後、春日部中学校合唱部の皆さんと合唱バージョンを披露し、素晴らしい歌声で式典を飾りました。

電子ピアノを演奏しながら舞台で歌を披露するあえかさんの写真と、写真のスライドの前で合唱している合唱部の中学生たちの写真

平成27年10月2日 市内4カ所で「心の空」CD発売開始

平成27年10月2日から春日部市内4か所で、春日部市の歌「心の空」のCDが発売されています。また、次のページからもダウンロードできます。

春日部市の歌「心の空」 歌詞

心の空 作詞 あえか

桜の花びら 舞い散る公園橋
みんなで 自転車で はしゃぎ回った

香る紫の パレード 鳴り響いて
沢山(たくさん)の笑顔が 光ってた

悲しい時 悔しい時
古利根川の 水面(みなも)を見ると
また 前に 進めるんだ

心の空に 風を舞い上げて
どんな時も 上を見よう
駆けてく君と 呼び掛ける僕は
離れてても 心は一つ
土手を走って 橋を渡って
どんな涙も かわくよ
麦わら帽子 吹き抜ける風
帰る場所は いつでも ここにあるから

続く 御神輿(おみこし)賑わう夏まつり
かき氷 シロップ かけ過ぎちゃった

人混みの中で 見つけた 友だちは
今も変わらずに 輝いてた

迎えに行く時 送って行く時
東口で手を振るといつも
愛しさが 止まらないんだ

心の空に 歌声かざして
どんな時も 夢を見よう
無邪気な君と 見つめる僕は
寄り添い合えば 心は一つ
瞳を合わせて 想いを重ねて
どんな願いも 叶(かな)うよ
夕日が 綺麗(きれい)な あの通学路
帰る場所は いつでも ここにあるから

心の空に 風を舞い上げて
どんな時も 上を見よう
駆けてく君と 呼び掛ける僕は
離れてても 心は一つ
土手を走って 橋を渡って
どんな涙も かわくよ
麦わら帽子 吹き抜ける風
帰る場所は いつでも ここにあるから

この記事に関するお問い合わせ先

シティセールス広報課 シティセールス推進担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2175 ファックス:048-734-2593

お問い合わせフォーム