竜巻発生時の対応

更新日:2021年12月01日

ページID : 6158

大気の状態が不安定となるときには、積乱雲が発達して、竜巻が発生しやすくなります。テレビ・ラジオなどで気象庁が発表する「竜巻注意情報」に注意してください。
竜巻が発生するときには、次のような特徴が見られます。竜巻が近づいたら身を守るための行動をとりましょう。

竜巻から身を守るには(気象庁ホームページから転載)

竜巻が身近に迫ったときの特徴

  • 雲の底から地上に伸びる「ろうと状」の雲を見た
  • 飛散物が筒状に舞い上がるのを見た
  • ゴーという音がしたのでいつもと違うと感じた
  • 気圧の変化で耳に異常を感じた

竜巻から身を守るための行動

屋内での行動

  • 1階の窓のない部屋に移動する
  • 雨戸やシャッターを閉める
  • 窓やカーテンを閉める
  • 窓から離れる(大きなガラス窓の下や周囲はとても危険)
  • 丈夫な机やテーブルの下に入るなど、身を小さくして頭を守る

屋外での行動

  • 頑丈な構造物の物陰に入って身を小さくする
  • 物置や車庫、プレハブ(仮設建築物)の中は危険
  • 電柱や太い樹木であっても、倒壊することがあり危険

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

防災対策課 防災対策担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央六丁目2番地
電話:048-736-1111 内線:2342 ファックス:048-733-3825

お問い合わせフォーム