市役所の地球温暖化対策実行計画

更新日:2023年08月04日

ページID : 3853

計画策定の趣旨

「地球温暖化対策の推進に関する法律」により、市は一事業者として、温室効果ガスを削減する計画の策定・実行が義務付けられています。市役所では一事業者として、平成21年度に第1次計画となる「春日部市役所温室効果ガス排出量削減計画」を策定し、これまで取り組みを実施してきました。
平成29年度には、社会情勢の変化を加味し、第2次計画となる「春日部市役所が取り組む地球温暖化対策実行計画」を策定し、対策を推進しています。対象となる本庁や出先機関を含めた全ての組織と施設に関わる事務事業から排出される温室効果ガスを削減していくため、全職員で取り組みを進めます。

第1次春日部市地球温暖化対策実行計画 春日部市役所温室効果ガス排出量削減計画

  • 計画期間:平成22年度~平成29年度
  • 削減目標:温室効果ガス総排出量を平成20年度比で10パーセント削減
  • 計画の対象物質:二酸化炭素・メタン・一酸化二窒素およびハイドロフロオロカーボン

第1次春日部市地球温暖化対策実行計画の計画書は次のとおりです。

過去の温室効果ガス排出量

第2次春日部市地球温暖化対策実行計画 春日部市役所が取り組む地球温暖化対策実行計画

計画の概要および計画書

  • 計画期間:平成30年度~令和9年度の10年間
  • 削減目標:温室効果ガス排出量(エネルギー起源)を平成25年度(基準年)比で41.7パーセント削減
  • 削減目標:温室効果ガス排出量(非エネルギー起源)を平成25年度(基準年)比で12.4パーセント削減
  • 計画の対象物質:二酸化炭素・メタンおよび一酸化二窒素の3物質

第2次春日部市地球温暖化対策実行計画の計画書は次のとおりです。

温室効果ガス排出量の状況

令和3年度の温室効果ガス排出量(エネルギー起源)を次のとおり公表します。

  • 市役所全体の温室効果ガス排出量(エネルギー起源)は、18,056トン
  • 基準年である平成25年度に比べて、2,232トン(11.0パーセント)削減
  • 目標年である令和9年度の温室効果ガス排出量11,822トンに対する達成率26.4パーセント
表:基準年度と目標年度の温室効果ガス排出量(エネルギー起源)
  基準年
(平成25年度)
目標年
(令和9年度)
令和3年度実績
温室効果ガス排出量 20,288トン 11,822トン 18,056トン
増減量(基準年比) 該当なし -8,466トン -2,232トン
増減率(基準年比) 該当なし -41.7パーセント -11.0パーセント
目標排出量に対する達成率 該当なし 該当なし 26.4パーセント
表:エネルギーなどの利用状況(活動量)と二酸化炭素などの排出量(令和3年度の内訳)(エネルギー起源)
温室効果ガス種類 発生源 活動量 排出量
(二酸化炭素換算)
割合 二酸化炭素
の内訳(割合)
二酸化炭素 電気 30,239千キロワット時 12,824トン 71.02パーセント 71.05パーセント
灯油 244キロリットル 606トン 3.36パーセント 3.36パーセント
都市ガス 1,766千立方メートル 3,945トン 21.85パーセント 21.86パーセント
自動車など燃料(ガソリン・軽油) 該当なし 358トン 1.98パーセント 1.98パーセント
その他燃料(重油・LPGなど) 該当なし 315トン 1.74パーセント 1.75パーセント
小計 該当なし 18,048トン 99.95パーセント 100.00パーセント
メタン 自動車 該当なし 0.4トン 0.002パーセント 該当なし
一酸化二窒素 自動車 該当なし

7トン

0.04パーセント 該当なし
ハイドロフロオロカーボン カーエアコン・冷蔵庫など廃棄 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし
合計 該当なし 該当なし 18,056トン 100.00パーセント 該当なし

令和3年度の温室効果ガス排出量(非エネルギー)を次のとおり公表します。

  • 市役所全体の温室効果ガス排出量(非エネルギー起源)は、27,118トン
  • 基準年である平成25年度に比べて、5,377トン(16.5パーセント)削減
  • 目標年である令和9年度の温室効果ガス排出量28,465トンに対する達成率は133.4パーセント
表:基準年度と目標年度の温室効果ガス排出量(非エネルギー起源)
 

基準年
(平成25年度)

目標年
(令和9年度)

令和3年度実績
温室効果ガス排出量 32,495トン 28,465トン 27,118トン
増減量(基準年比) 該当なし -4,030トン -5,377トン
増減率(基準年比) 該当なし -12.4パーセント -16.5パーセント
目標排出量に対する達成率 該当なし 該当なし 133.4パーセント
表:エネルギーなどの利用状況(活動量)と二酸化炭素などの排出量(令和3年度の内訳)(非エネルギー起源)
温室効果ガス種類 発生源 活動量

排出量
(二酸化炭素換算)

割合

二酸化炭素の内訳(割合)

二酸化炭素 廃プラスチック類(合成繊維以外) 9,275トン 25,692トン 94.74パーセント 99.47パーセント
廃プラスチック類(合成繊維) 60トン 138トン 0.51パーセント 0.53パーセント
小計 該当なし 25,830トン 95.25パーセント 100パーセント
メタン し尿処理・浄化槽・一般廃棄物焼却 該当なし 140トン 0.52パーセント 該当なし
一酸化炭素 し尿処理・浄化槽・一般廃棄物焼却 該当なし 1,148トン 4.23パーセント 該当なし
合計 該当なし 該当なし 27,118トン 100.00パーセント 該当なし

この記事に関するお問い合わせ先

環境政策課 環境政策担当
所在地:〒344-8577 春日部市中央七丁目2番地1
電話(直通):048-736-1136
ファックス:048-737-3683
お問い合わせフォーム