新本庁舎(新築棟)の環境性能でCASBEE埼玉県およびBELSの最高ランクを取得しました

更新日:2022年01月19日

ページID : 11959

市では、低炭素型の新本庁舎の実現に向け、環境共生機能を充実させた新本庁舎整備実施設計を策定し、新築棟の環境性能について下記のとおり評価を取得しました。

新本庁舎(新築棟)の環境性能で CASBEE (きゃすびー)埼玉県の最高位Sランクを取得しました

CASBEE埼玉県(埼玉県建築物環境配慮制度)

CASBEEとは、省エネや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建築物の品質を総合的に評価するシステムです。埼玉県では、これを基に県の政策などを踏まえ編集し直したCASBEE埼玉県を使って評価を行っています。

評価点

  • 外壁面や屋根面における高断熱化、Low-Eガラスの採用や西側開口部の一部に日除けスクリーンを設けることによる日射遮蔽、高効率空調システムの導入により、省エネルギー・環境負荷低減に配慮していること
  • 柱頭免震構造の採用により耐震性の向上が図られていること、非常用発電機の設置によりBCP対応が図られていること
  • 外壁面のセットバックなどにより周辺のまちなみに調和させていること

が高く評価されました。

新本庁舎(新築棟)の環境性能で BELS (べるす)の最高ランク5つ星を取得しました

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)

建築物の一次エネルギー消費量などに基づき、第三者評価機関が省エネルギー性能を5段階で評価し、認証する制度です。

評価点

外壁面や屋根面における高断熱化、高効率空調システム、LED照明等の導入により、一次エネルギー消費量を53パーセント削減したことが評価されました。

この記事に関するお問い合わせ先

公共施設事業調整課 新本庁舎整備担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7681 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム