春日部産米を活用した食の新たな地域ブランド創出に向けた実証実験

更新日:2022年05月09日

ページID : 15926

~やってみよう!米city(まいシティ) かすかべ~

春日部産米の新たな活用に向け、地域資源を活かした栽培から加工・商品開発までの多岐にわたる分野で連携・協働に取り組み、地域社会の活性化と住民サービス向上を目指し、食の新たな地域ブランド創出に向けた実証実験を始めます。

調印式

春日部市は、春日部市農業委員会との共同事業として、南彩農業協同組合、埼玉みずほ農業協同組合、春日部商工会議所、庄和商工会、一般社団法人春日部市観光協会、有限会社川上製麺所、みたけ食品工業株式会社の7事業者と「春日部産米を活用した食の新たな地域ブランド創出に向けた実証実験に関する基本協定」を令和4年3月30日に締結しました。

米粉実証実験のキャッチコピー

「やってみよう!米city(まいシティ) かすかべ」

新たな米粉適正米の栽培に取り組み、米づくりが再び「わがまち・春日部」で脚光を浴びるよう願いを込めて決定しました。

実証実験の概要

令和4年度は、異業種連携による地域資源を活かした米粉適正米の栽培、微粉末の製粉、米粉の製麺などのさまざまな技術開発、米粉麺中心の商品開発などの実証実験を行うとともに、実証実験で派生した課題の検証を行うものです。 

 

米粉適正米とは

実証実験で栽培する米粉適正米は、多収の高アミロース品種で、米粉麺加工適性を持っているお米です。

  • 品種名 「亜細亜のかおり」

主な流れ

  • 令和4年5月中旬…田植え
  • 令和4年9月下旬…稲刈り
  • 令和4年10月から…製粉、製麺の実証・実験を開始
  • 令和4年12月から…サンプル麺を市内協力店に提供し、商品開発の実証・実験を開始

この記事に関するお問い合わせ先

農業振興課 農業振興担当
所在地:〒344-0067 春日部市中央六丁目6番地11
電話:048-736-1111 内線:7744 ファックス:048-733-3826

お問い合わせフォーム